*All archives   *Admin

2017.06.22 (Thu)

内出血

注射の内出血が広がりました。

それに、目まで充血して来ました。
どうしたモンかねー。

P6221878.jpg
22:30  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.20 (Tue)

6月20日(火)の畑

今日は医者通いの日で、15時からお休みをいただきました。
と言う訳で、17:30から畑に行って来ました。明日から雨の予報なので、インゲン豆と枝豆の種を蒔いてみました。雨が降りすぎて土が流れても、困るなーと考える当方なのでございます。

まだ畑には空きスペースがありますので、何か植える物がないかなーなんて、考えております。また、サツマイモでも植えてみようかなー。なんせ空きスペースがあると、草が生えてどうしようもありませんからね。

インゲン豆と枝豆を植えましたが、虫が入らないと良いけどねー。
それから、サツマイモの苗が活着出来たようです。
それから、トマトの脇芽で新しい苗が生まれて、大量のトマトが採れそうです。

P6201873.jpg  P6201874.jpg  P6201875.jpg

ps:そういやー、医者で採血をしましたが、右手でグリグリやりましたが失敗して、左手で採血をしましたです。右手は内出血の痕が出ましたです。
接写しましたが、肌がきたねーなー。もう老人の肌です。

P6201876.jpg
21:37  |  家庭菜園  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.20 (Tue)

愛犬

我が家の愛犬「寛」様も、いよいよ動けなくなって来ました。
朝散歩に行くのですが、あまり散歩には行きたくないらしく(あれほど、散歩が好きだったのに)、引っ張って連れて行かなければなりません。
散歩の途中でも、結構つまずくことが多くなり、たまには転けることもあります。

先日、医者に診てもらったところ、認知症が出てきているらしく、昼間ほとんど寝てる、狭い所に頭を突っ込む、呆然と立ちすくむ、体重の減少(11kg→8kg)等の症状が出て来ました。

あと、1年くらいは大丈夫だと思いますが、そろそろ、覚悟を決めておかなければなー・・・・・

P6201872.jpg  P6201871.jpg  P6201870.jpg


06:57  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.18 (Sun)

6月18日(日)の畑

今日は、ジャガイモを全て収穫しましたです。
今年は、雨が少なかったせいか不作でした。それでも、小さいジャガイモが、30kgほど採れました。
それから、ニンニク、ナス、キュウリも収穫です。

P6181863.jpg  P6181864.jpg

南蛮漬けを作ってみました。美味く出来てると良いなー。夕飯に喰ってみます。

P6181868.jpg  P6181869.jpg

昨日の鮎、それなりに掛かってました。4匹を塩焼きにしましたが、最高ーに美味かったなー。ガスレンジで焼いたから見てくれは悪いけど、本当に美味かったです。今年は、随分鮎を喰ったなー。

P6181866.jpg  P6181867.jpg



16:23  |  家庭菜園  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.18 (Sun)

6月17日(土)福島の釣り(最悪)

写真の鮎は、黄色くありませんが、何本か黄色い鮎も釣れましたよ。

P6171859.jpg  P6171856.jpg  P6171861.jpg

K田さんのお誘いを断り、評判が良いという福島の川に行って参りました。
家を出たのが、5:00頃、川に着いたのが7:30。それから、車で1時間ほど川を見ながら、囮屋さんで
囮を購入して竿を出したのが、9:00頃かなー。

囮屋さんの前で着替えていると、浅瀬で鮎のギラギラが見えて参ります。これは、評判通り入れ掛かりにかーなどと気持ちは高ぶります。なんせ解禁日は、3桁が複数人出たそうですからねー。

我慢出来ずに囮屋さんの前の瀬でで、囮を放ちます。しばらく何の反応もありません。まだ、朝も早いし、こんなモンだと我慢しますが、我慢の限界はすぐに来てしまい、今度は浅瀬に移動します。しばらくすると、チビが掛かります。これで入れ掛かりが始まると、甘い考えがよぎります。しかーし、一生懸命囮を泳がせましたが、全く鮎からの反応はございません。付近を1時間半ほど探って、移動を決断します。

10年程前に良い思いをした上流に移動しましたが、ほとんど鮎の気配がありません。それでも、20分ほど竿を出してみます。やっぱり何の反応もございません。

今度は、30分程掛けて支流に入ります。瀬で1本掛かりますが、次が掛かりません。それに黒川虫の巣にしょっちゅう引っかかり、イライラが募ります。1時間半ほどやって、また、場所移動。

今度は、崖を50m程下って、藪こぎまでして、汗でだくだくになりながら、ポイント到着。群れ鮎が沢山おります。が、しかし、掛かりません。掛かっても底バレしてしまいます。そこも、1時間ほどで諦めて、再び移動。こんなに移動を繰り返すのは、初めてです。釣ってる時間より、移動してる時間の方が長いくらいです。

最後に釣ったのは、夕刻を釣り人で賑わっていたポイントにしました。夕刻ですから、ほとんど釣り人はおりません。ここで、8本ほど掛けて、何とかッ抜けを果たしましたです。
(釣れて来る鮎は、半数が天然と思われる魚です。ヌルがきつくて、8月くらいになって大きくなったら、囮交換の際に、逃がしてしまいそうでした。)

素直にK田さんと達と一緒に、楽しく釣りをやってれば良かったかなー。


07:25  |  鮎釣り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>